復習の間隔について

心理学は、学習効率のもっとも高い復習の間隔を明らかにしています。

それは、「学習内容を忘れかけたとき」です。

私たちの直感に反して、学習してから「すぐに復習する」よりも、「学習内容を少し忘れるくらい時間をあけて復習する」ほうが、高い学習効果を得られるのです。

これは心理学で「間隔効果(Spacing effect)」と呼ばれています。

 

復習リマインダーを使って、1週間⇨2週間⇨3週間⇨1ヶ月というように次第に復習の間隔を広げていけば、「間隔効果」による高い学習効果が得られます。