書籍ページに戻る

第1章 学びは誤解されている

  1. あらゆる分野の技術や知識を学ぶ手段として好んで用いられる「〇〇」と「◇◇」は、極めて非効率である。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  2. 事実や概念や出来事を記憶から呼び出す「〇〇」が、テキスト再読で復習するより効果的な学習法である。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  3. 教科書を読んだり講義を受けたりしたあとに、簡単な「〇〇」をするほうが、教科書の再読やノートの見直しより 学習内容が身につきやすい。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  4. 学習の間隔をあけて、「〇〇」頃か、「◇◇」をいくつか挟んだ後にすると、学習内容が持続し、あとで臨機応変に使えるものになる。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  5. 「〇〇」まえに問題を解こうと努力する。たとえその過程でまちがったとしても、そのほうが有益な学習になる。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  6. 「交互練習」や「多様練習」によって、問題の「〇〇」を「◇◇」する基本原則や法則を導き出すことに慣れれば、なじみのない状況でもうまく成果を見つけられる。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  7. 人は「〇〇」という錯覚に陥りやすい。「◇◇」を使えば、学習内容が身についたかどうか判断する目安になる。「◇◇」を「△△」の発見と向上のためのツールに使えば、より高い学習効果が得られる。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  8. 「〇〇」の訓練をすれば、学べる量に限界はない。「〇〇」とは、新しい物事を「◇◇」に置き換え、「△△」と関連づけて意味を与える作業だ。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:
  9. 新しい題材から重要なアイデアを読み取り、「〇〇」にして既存の知識と関連づければ、複雑なことを学びやすい。「〇〇」とは、実世界の事象を一つのイメージにまとめることである。

    参考ページ:p,9
    あなたの解答回数:

 

 

 

 

loading!!

Loading

すべて読み込みました。

エラーが発生しました。